投稿日:

ランキングで知るルテイン豊富な食べ物

ルテインは目に良いことで知られています。

どのような食べ物に含まれているのでしょうか?
食品別のランキングで分かりやすく解説します。

■ルテインとは何なのか?

ルテインとは、植物に含まれる色素の名前のことでカロテノイドと
同じようなものです。

植物の色素なんですが、眼の中の網膜が老化などで変化するのを防いで、
落ちている視力を回復させる働きなどがあります。

そのほかにも食べ物なのに白内障の予防や、細胞が老化してしまうのを
防いでくれたり、最近ではガンも防いでくれる作用があることが分かっています。

抗酸化作用もあるので目の老化を防ぐと話題になっています。

目に良いと有名な色素なんですけど、こんなにもすばらしい力が
数多く秘められているものなんです。

ルテインは食べ物の中でも特に、色がはっきりしている濃い野菜に成分が
たくさん含まれています。

■ルテインが多く含まれる食べ物のランキング

ルテインが多く含まれる食べ物のランキングの1位はケールです。
ケールといえば青汁の主な原料ですよね?

独特の味と香りがするので苦手な方も多いですが100g中に15mgもルテインが
含まれているので、青汁なら毎日無理なく続けられるでしょう。

2位は、ほうれん草です。ほうれん草は100g中に10mg弱くらいですね。
これはあくまでも年間の平均的な数値なので、色が濃いほうれん草を選んで
買うように心がけてください。

驚くべきことなんですが、ほうれん草は冬の野菜になるのでそれ以外の季節の
栄養価は冬と比べて半分以下に下がってしまいます。
つまりルテインの含有量も半分以下になるので注意が必要です。

3位はパセリなんですが……パセリはケールと同じくらい大量に含まれていますが、
パセリだけのおひたしとか、パセリのみのサラダを食べる人はいませんよね?
あまり大量に食べないので、これも摂取が難しいです。

ランキング以外にもブロッコリー、カボチャ、パプリカ、卵の黄身、ニンジンなどの濃い
緑黄色野菜に含まれています。

毎日野菜を食べる習慣がない人は、野菜ジュースを飲むとか、青汁に頼ると
毎日無理なくルテインを摂取することができます。

毎日食べ続ける野菜としてはほうれん草が食べやすくて、和食にも洋食にも
アレンジが利くのでランキングの中では一番のおすすめです。

ランキングで上位のケールは、産地やケールの種類でルテインの含有量が
驚くほど違うので、購入する時は成分や含有量などを確かめて買うといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です